赤み ニキビ跡

赤みのニキビ跡対策

ニキビ跡を治すためには、その原因を知ることが大切です。赤みのあるニキビ跡の原因は主に次の3つがあるとされていますので、自分の場合はどれに当てはまるのか考えてみましょう。

 

・メラニン色素が過剰に生成されてしまった場合
メラニン色素といえば日焼けによって肌を黒くしてしまったり、シミやソバカスをつくる厄介者のような存在ですが、本来は肌を守るために生成されるものです。
ニキビができて肌が炎症を起こしてしまった時も、メラニン色素は肌を守るためにたくさん生成されます。過剰に生成されたメラニンは肌から排出しきることができずに、ニキビ跡となって肌に残ります。

 

・ニキビの炎症が残っている場合
肌の奥まで炎症が広がってしまったニキビは、表面上は治ったように見えてもまだ奥に炎症が残っている場合があります。
肌の奥の炎症は肌表面まで透けて見え、赤みとして現れます。

 

・炎症によりうっ血してしまった場合
ニキビの炎症が原因で、毛穴の周りがうっ血してしまうことがあります。そのうっ血はニキビが治った後でも赤みとして残ってしまうことがあります。